« おろかなハッカーの記録 | トップページ | 恐怖のPCケース »

土曜日, 4月 23, 2005

セリフの人

 マシュー・ボーン版「白鳥の湖」を観に渋谷Bunkamuraオーチャード・ホールへ。白鳥が全員男なアレである。
 生まれて初めて観るバレエがこれっていう偏り方はどうよ。まあ別の意味で偏った人間なので今更脳味噌が偏ったところで特に問題はないです。
 前半退屈だったが後半はまずまずといったところ。特に影の使い方は秀逸。しかしバレエなので無言劇なのがつらい。これでつくづく自分は「セリフの人」なのだとわかった。セリフに異常な執着してそこにしか価値を見出さない。小説にしてもドラマにしてもそうだ。
 じゃあ脚本家を目指せばいいかというとプロデューサーが指示するあらゆるジャンルに臨機応変に対応する視野の広さがないのでだめです。
 というわけで相変わらず小説を投稿しつづけるのだ。しかも地の文よりセリフが異常に多いやつを。多いのにライトノベルは拒絶してしまうのだ。こんな中途半端な人間が生きていく道などあるのだろうか

|

« おろかなハッカーの記録 | トップページ | 恐怖のPCケース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セリフの人:

« おろかなハッカーの記録 | トップページ | 恐怖のPCケース »